短鎖脂肪酸が手軽に摂れる!40代以上におすすめのサプリメント

便秘解消やダイエットだけじゃない!加齢にまつわるカラダの悩みを改善できるオールインワンサプリメント

40代からの肥満予防は短鎖脂肪酸が効果てきめん

投稿日:

今までと同じ量しか食べていないはずなのに、歳をとると「脂肪」がつきやすくなりますよね。増えた体重もなかなか戻ってくれません。

年齢とともに「代謝」や「筋肉量」は落ちていくので、太るのは不自然なコトではありません。

でも、「加齢」だけのせいにしてダイエットするのを諦めると、「肥満のスパイラル」から抜け出せなくなってしまいます。

実は「増えた体重」が戻らないのは、「加齢」だけのせいではなかったのです。

詳しくお伝えします。

体重が戻らないのはデブ菌のせいだった!

私たちの腸内には太る原因となる「デブ菌」が存在しています。デブ菌は「ファーミキューテス」と呼ばれる悪玉菌の一種。

実はデブ菌は誰もが持っている菌で、太ってない人の腸内にも存在します。

つまり「肥満予防」では「デブ菌がいるかいないか」ではなく、ヤセ菌とデブ菌の「細菌バランス」が大切なのです。

そのことがわかれば、体重が増えても「戻る人」と「戻らない人」の違いも説明がつきますよね。体重が増えて「戻る」か「戻らない」かは、ヤセ菌とデブ菌の「バランスの良し悪し」で決まっていたのです。

肥満を予防するためには、「ヤセ菌:デブ菌」を「6:4」の細菌バランスに整えていくのが理想的です。

参照記事⇒腸内に住むデブ菌とヤセ菌

デブ菌とヤセ菌のバランスを整えよう!

デブ菌とヤセ菌のバランスの良し悪しは「加齢」とも関係しています。というのも、腸の機能は加齢とともに低下していくからです。

加齢による腸機能の低下を放っておくと、デブ菌の割合も年齢とともに増えていきます。

ある年齢になってくると、いくらダイエットしても痩せなくなる時期が来ますよね。その原因は年齢とともに代謝が落ちるだけではなかったということです。

いくらダイエットをやっても痩せなかったのは、加齢による「腸機能の低下でデブ菌の割合が増えた」ことも大きな原因だったのです。

逆に言えば、ヤセ菌とデブ菌のバランスさえ整えることができれば、肥満が予防できて「ダイエット」も成功しやすくなります。

そのカギを握る成分が「短鎖脂肪酸」。

NHKスペシャルで取り上げられて以来、肥満予防に効果的だと注目されている成分です。

短鎖脂肪酸で肥満が予防できる!

ここで肥満になるメカニズムをさらりとおさらいしておきましょう。

肥満は「脂肪細胞」が「血管に流れている脂肪」を取り込むことで、脂肪細胞が肥大化していくメカニズムになっています。

「デブ菌の役割」は脂肪細胞へ「次の脂肪」を取り込むコト。

しかし、腸内に短鎖脂肪酸が増えて血液中を巡るようになると、デブ菌の役割を阻止するようになります。

しかもそれだけではありません。短鎖脂肪酸は血液中で「ヤセ菌がいる筋肉細胞」にも働きかけ、脂肪を燃やすようになります。

腸内に短鎖脂肪酸が増えていくと、蓄積された脂肪は減っていき「肥満体質」から「太りにくい体質」に変わっていくため、肥満を予防することができるのです。

短鎖脂肪酸を摂るには

短鎖脂肪酸を摂取するには2つの方法があります。ひとつが「食品」から。もうひとつが「サプリメント」からです。

ただし、食品からだとダイレクトに短鎖脂肪酸を摂ることができません。

なぜなら短鎖脂肪酸は「腸内細菌の発酵によってつくられる成分」だからです。そのため食品からの摂取を検討する場合は、腸内細菌の発酵を促す成分の入ったものを摂ることが必要です。

▼参照記事⇒短鎖脂肪酸を増やすには

サプリで短鎖脂肪酸を摂るメリット

短鎖脂肪酸はサプリメントからでも摂ることができます。

サプリのメリットは短鎖脂肪酸を「漏れなく手軽」に摂取できるところです。

食事からだと好き嫌いなどの偏りが出てくるため、常に短鎖脂肪酸を増やす成分を取り込めるわけではありませんよね。

でもサプリなら栄養の偏りに関係なく、短鎖脂肪酸をダイレクトに摂取することができます。

サプリから摂取することでコストはかかりますが、「漏れなく手軽に」摂取できることを考えれば、かけてもいいコストかもしれません。

短鎖脂肪酸は「善玉元気」というサプリメントから摂ることができます。

肥満予防以外にも、代謝や体調の悩みを改善するのに効果的な成分が凝縮されているので、考え方によってはむしろコスパのいいサプリメントです。

-短鎖脂肪酸の効果

Copyright© 短鎖脂肪酸が手軽に摂れる!40代以上におすすめのサプリメント , 2018 AllRights Reserved.