短鎖脂肪酸が手軽に摂れる!40代以上におすすめのサプリメント

便秘解消やダイエットだけじゃない!加齢にまつわるカラダの悩みを改善できるオールインワンサプリメント

便やオナラ我慢してない?我慢する行為はキケンです。

更新日:

便やオナラを出したくなったとき、我慢してしまうことはありませんか。これらの生理現象を我慢しつづけると、「便秘が慢性化」してしまう恐れがあります。

便やオナラを我慢するとどのような症状が起こるのか。そのとき腸の中では何が起きるのか。

できるだけ便やオナラを我慢しなくて済む方法もお伝えします。

便意を我慢すると便秘が悪化!

便が直腸まで降りてくると、脳内に信号が送られます。この信号によって私たちは便意を感じ、排便することができるのです。

でも便意を我慢し続けると、次第にこの信号の反応が弱まってきます。信号が弱まると便意を感じにくくなり、排便感がなくなっていきます。

その間も便は溜まり続け、水分が失われ、次第に便はカチカチの状態に。ようやく便意が来た時には、すっかり硬くなり出したくても出せない状態となってしまうのです。

特に40代以降は腸の善玉菌が減っていき、腸内環境が悪化しやすい年齢になっていきます。体調や代謝などに年齢を感じ始めた方は特に気をつけておきましょう。

とはいえ、出したい時に便やオナラを出せる人はあまり多くないですよね。

誰かと一緒にいるときなどは、出したくなっても我慢してしまう人が多いと思います。また、自宅以外のトイレで排便することに抵抗を感じる方も少なくありません。

「自宅まで便を我慢したのに、自宅に帰るとなぜか出なくなってしまう…」という悪循環が起こりやすくなります。

このような場合、大事なのは自宅にいる時に便を出すクセをつけることです。

特に朝は便が出やすい状態なため、朝に排便する体に変えることで外出中の便意を防ぐことができますよ。

オナラの我慢も要注意

では、便ではなくオナラを我慢した時はどうなるのでしょうか。便と違い固形ではないため、我慢しても問題ないと思っていませんか。

オナラを我慢すると腸内にガスが溜まり、周辺の臓器を圧迫することで腹痛を起こすことがあります。

また、オナラによって有害なガスが発生し、そのガスが皮膚や口から排出されることで「肌荒れ」や「口臭」を悪化させることもあるのです。

もちろん便秘にも繋がりますので、たかがオナラだからと我慢をするのは危険です。

朝に便やオナラを出す習慣を身につけよう!

便やオナラを我慢することが危険だということはわかったけれど、出したい時に出せる環境ではないことが多いですよね。

それならば、少しでも「朝・家で」便やオナラが出る習慣を身につけるのが賢明な選択。「朝出る」習慣を身につけるには次のことを意識してやってみてください。

  • 起きたら水(白湯)を飲む
  • 朝食をしっかりと食べる
  • 夜と朝にストレッチをする
  • お腹のマッサージをする
  • 早めに夕食を済ませる
  • 夕食時に乳酸菌や食物繊維をしっかりと摂る

これらを意識することで、朝に腸の働きが活発になり便が出やすくなります。

ただし、「外食が多い」場合や「食事の時間が不規則になりがち」な場合、「朝出る」リズムにしていくのは大変です。

とはいえ、今まで通り便やオナラを我慢し続けるのもツライですよね。そんな場合、サプリメントに頼って必要な栄養分を補って、「朝出る」リズムに整えていけばいいと思いますよ。

40代以降は、乳酸菌や食物繊維も大切ですが、特に意識して摂取していきたい成分が「短鎖脂肪酸」です。

短鎖脂肪酸は加齢による「代謝」や「体調」の悩みを解決・改善してくれる秀逸な成分。

「便秘」だけではなく、「肥満予防」や「お肌のくすみ」や「口臭」などの悩みにも効果的です。

腸の働きが活発になって、朝に便やオナラが出るようになると、気持ちもスッキリした状態で1日のスタートを切ることができますよね。

まとめ

便はオナラのようにその場で出せるわけではありません。食生活や生活リズムを改善して自宅で出すクセをつけるようにしていきたいですね。

人前でオナラがしたくなった場合は、人のいないところに移動してその場で出すことも心がけておきましょう。

また、オナラは「肉類」や「アルコール」「炭酸飲料」や「ガム」などを過剰摂取することで発生しやすくなるため、これらの食品は食べすぎないようにすることも大切です。

-40代以降の便秘予防

Copyright© 短鎖脂肪酸が手軽に摂れる!40代以上におすすめのサプリメント , 2018 AllRights Reserved.